インピンジメント&インスタビリティ講習会、始めます!

みなさん、こんにちは!PRIジャパン教育コーディネーターの大貫です!

新型コロナウイルスの影響により、2020年の講習会スケジュールが全く立てられず、皆さんにはご迷惑をおかけしておりますことお詫び申し上げます。今は #stayhome しながら、未来の計画を立てつつ、皆さんが感染から守られるよう祈るばかりです。

しかし!ずっとこの時が過ぎるのを待っているわけにも行かず、今日は皆さんにしばらく温めてきた計画をご紹介したいと思います!

2020年12月に日本初開催となる「インピンジメント&インスタビリティ講習会」を開催したいと思います!インピンジメント&インスタビリティ(I&I) はアドバンストレベルの講習会になりまして、プライマリーレベルのマイオキネマティックリストレーション、ポスチュラルレスピレーション、ペルビスリストレーション講習会の受講が推奨されています。

PRIジャパンのHPに詳細を載せてありますので、こちらからご覧ください。(申し込み開始はまだまだ先になります。)

インピンジメント&インスタビリティ

〜インピンジメント&インスタビリティに対するPRIレファレンスセンターを介した統合的アプローチ〜

https://www.posturalrestoration.com/japan/impingement-instability

 

I&Iの講習会は、アメリカの本部でも今年から大幅に再編成されたばかりのもので、その名の通りインピンジメント(圧迫)とインスタビリティ(アラインメント不良)に切り込んでいきます。ただし、一般的に言われているインピンジメント症候群や関節不安定症といった表面に出てくる問題だけではなく、それらの問題の背景にあるインピンジメントとインスタビリティを明らかにしていくものです。そしてそれを紐解く鍵となるのが、時々プライマリー講習会の中でも話が出てくる、レファレンスセンター(感覚入力点)という訳なんです。

すでに行われた2月のRonや3月初旬に行われたJamesのI&I講習会からは、「機能的皮質優位性(Functional Cortical Dominance)」なんて言葉が聞かれたりして、とても重要なキーワードになっているようですよ。

現在PRIジャパンでは12月の講習会の日程を調整しながら、目下翻訳作業が進んできています。今は大変な時期ですが、この状況を乗り越えた先に素敵な講習会をお届けできるよう頑張って参りますので、皆さんどうか楽しみにしていてくださいね!

大貫 崇, MS, ATC, CSCS, PES, PRT
2020年04月12日