PRI認定プロバイダー資格、概要とロゴできました!

皆さん、こんにちは!PRIジャパン教育コーディネーターの大貫です。

東海・関東地方を中心に全国的に台風の影響が心配されますが、PRIファミリーの皆さん大丈夫でしたか?一刻も早く普段の生活が戻ってくるよう願っております。

さて、予てから講習会などではお伝えしてきましたが、「PRCやPRTになるにはどうしたらいいですか?」「PRIの資格って、日本で取得できないの?」という声にお応えして、日本でも「PRI®︎認定プロバイダー PRP-Japan」として資格試験を行うことが決まりました!

今後の日本において、PRIのサイエンスが、患者さんや、クライアント、困っている人のお役に立てたら、という願いを込めて、日本でも資格制度を実施していきます!そして、PRI認定プロバイダー資格を保有する人が日本において増えるということは、PRIのサイエンスに対してもっと多くのディスカッションが生まれ、深まり、そして浸透していくことが期待されます。もう2年ほどPRI本部とPRIジャパンでディスカッションを繰り返してきており、まだまだ詳細は煮詰めていかないといけません。その為にも本部があるアメリカとの違いを踏まえて、現在も慎重に検討を重ねている最中です。

今回は、その「PRI®︎認定プロバイダー資格 (PRP-Japan)」のロゴの発表と今度の予定についてお知らせしますね!

概要:PRI®︎認定プロバイダー (PRP-Japan) 資格試験について

形式:書類申請(PRIのサイエンスに対する課題回答(症例報告、文献レビュー、設問への回答など含む)の後、認定試験(論理、臨床実技試験など)実施

受講必須講習会:PRIプライマリー講習会(日米問わず;マイオキネマティックリストレーション・ポスチュラルレスピレーション・ペルビスリストレーション)とPRIインピンジメント&インスタビリティー講習会(日本では2020年末開講予定)

認定試験応募資格:PRIのサイエンスを十分に理解していると認められる全てのヘルスケア、医療、フィットネス、コンディショニング分野のプロフェッショナルの方々

実施予定:2021年10月申請募集開始、2022年2月資格試験実施予定

継続教育プログラム:PRI認定プロバイダー資格を維持していく為には一定期間ごとに更新が必要で、継続的にPRIのサイエンスを学び続けていく必要があります。詳細は後日HP(PRP-Japanご案内ページは2020前半に開設予定)にて発表。

概要は以上の通りとなっております。もちろんまだ詳細は決まっておりませんが、大筋の骨組みが固まってきました!アメリカの認定プロバイダー試験(PRC/PRT)と大きく違うのは継続教育プログラムの部分になりますが、こちらも日米での保有資格に対する違いを踏まえてのことになります。参考までにアメリカの資格について書かれたページをご紹介しますね。

Postural Restoration Certified (PRC)

Postural Restoration Trained (PRT)

まずは日本でのインピンジメント&インスタビリティー講習会を開催することが最初になりますが、その後「PRI®︎認定プロバイダー (PRP-Japan)」にご期待ください!

大貫 崇, MS, ATC, CSCS, PES, PRT
2019年10月13日