PRIジャパンシンポジウム2020の概要発表!申し込み開始は10/1です!

皆さん、お待たせしました!

「PRI好きの、PRI好きによる、PRI好きのための知的好奇心の祭典」PRIジャパンシンポジウム2020は、2020年3月29日に東京で開催されます!

今年3月末に初開催となったPRIジャパンシンポジウム2019はPRIの事を知らなかった人も講習会を受講したことがある人も含め150名を超える参加者の方にお越し頂き、大変盛況でしたが、来年はさらにパワーアップ!今回は、4名の講師による講義タイトルを発表させて頂きます!

まずは、直前の3月27−28日に行われる「PRI Integration for Geriatrics (高齢者医療の為のPRIインテグレーション)」講習会を控える、講師のJames Anderson氏。PRIジャパンの講師3名とも大変お世話になった先生であり、今回が初来日です!シンポジウム当日は、「Top Considerations for Integrating PRI with Geriatric Populations 〜高齢者向けPRI応用の工夫とコツ〜」について講義して頂き、こちらはPRIジャパンの講師である大貫が通訳が入ります。

2人目は、2016年からPRTであり、足部装具士(ABC認定ペドーシスト)でもある高橋忠良氏が登壇。これまで日本のPRI講習会では語られてこなかった下肢への影響について、「Lower Extremity Kinematics of Individuals with L AIC Pattern 〜L AICパターンを示す人の下肢はどう動くのか?〜」について講義して頂きます。2020年末に日本初開催となるインピンジメント&インスタビリティー講習会との関連も見逃せませんね!

3人目は、今年のPRIジャパンシンポジウムでも登壇していただいたPRTの近藤拓人氏。前回はInterdisciplinary Integration(多業種連携)についての講義を頂きましたが、来年は「PRI for Cerebellum and Vestibular System 〜小脳ー前庭システムのためのPRI〜」というタイトルです!PRIの講習会でも度々、神経的左右非対称性について触れてきましたが、どんな講義になるか楽しみですね!

最後の締めを飾るのは、おなじみPRIジャパンの講師である阿部さゆり氏。聴衆の度肝を抜く「呼吸と排泄:真面目なうんちの話」をしてくれたのが前回のシンポジウムでしたが、今回は「Supported by LOVE, Perturbed by EMOTIONS 〜愛の柱と感情の揺らぎ〜」と今回もどんな講義になるのか、全く予想がつきません!

<タイムテーブル>

9:00受付開始 
9:30 - 11:30

第1演目 「Top Considerations for Integrating PRI with Geriatric Populations 〜高齢者向けPRI応用の工夫とコツ〜」

James Anderson, MPT, PRC (通訳 大貫 崇 MS, ATC, CSCS, PES, PRT)

 
11:30 - 12:00第1演目 Q&Aセッション 
12:00 - 13:00

ランチ

 
13:00 - 14:15

第2演目 「Lower Extremity Kinematics of Individuals with L AIC Pattern 〜L AICパターンを示す人の下肢はどう動くのか?〜」

高橋忠良 ATC, C.PED, PRT

 
14:30 - 15:45

第3演目 「PRI for Cerebellum and Vestibular System 〜小脳ー前庭システムのためのPRI〜」

近藤拓人 MS, ATC, CSCS, DNSET, PRT 

 
16:00 - 17:15

第4演目 「Supported by LOVE, Perturbed by EMOTIONS 〜愛の柱と感情の揺らぎ〜」

阿部さゆり MS, ATC, CSCS, PRT

 
17:30 - 18:00登壇者全4名によるQ&Aセッション 

当日は、日本大学文理学部百周年記念館にある国際会議場をお借りして、丸一日参加者の皆さんとPRIについて語り、どうやって応用するのかディスカッションしたいと思いますので、PRIの事を知っている人は、まだ触れた事ない人もお誘い合わせの上、是非ご参加ください!

参加申し込みはこちらのウェブサイトから10月1日申し込み開始です!

当日、皆様とお会いできるのを楽しみにしてます!

大貫 崇, MS, ATC, CSCS, PES, PRT
2019年09月25日