6月広島・仙台PRIマイオキネマティックリストレーション講習会を振り返って

梅雨のムシムシした日が続きますね。講師の阿部です。日付はちょうど7月に入ったところですが、先月広島・仙台とPRIマイオキネマティック講習を行ってまいりました。


6月10-11日、広島の朝日医療専門学校にて


6月24-25日、仙台の東北保健医療専門学校にて

一番のニュースはPRIジャパンのコーディネーターである大貫の講師デビューでしょうか。現在は石井・阿部両講師ともアメリカに住んでおり、PRI講習を限られたタイミングのみでしか行えないことで、「もっと講習会を開催して欲しい!」というご意見をいただくこともありました。日本在住の講師がいれば皆様にご不便な思いをさせることも減るのでは、ということで昨年講師トレーニングを開始した大貫ですが、今回の仙台講習では「各筋肉の左右での出力の差」や「リポジショニング・エクササイズ」などPRI理論のカギとなるセオリーや実技の約4時間の解説を担当し、我々としても非常に実りの多い2講習となりました。参加してくださった皆様にも「呼吸の多様性」「動きの多様性」のみならず、こういった「講師の多様性」「学びの多様性」も大いに楽しんでいただけていれば幸いです。

各講習、ご参加いただいた皆様、主催・運営に関わってくださった皆様、本当にありがとうございました!次回の講習は来週の石井の東京でのマイオキン、それから再来週の東京・名古屋と続くポスチュラル講習ですね。体力勝負ですので万全の体調で臨めるよう我々も気を引き締めて行きたいと思います。多くの皆様にお会いできるのを楽しみにしております!

Sayuri Abe-Hiraishi, MS, ATC, CSCS, PRT, PES, CES
2017年07月01日