12月大阪でのポスチュラルレスピレーション講習会を振り返って

皆さん、あけましておめでとうございます!PRIジャパン教育コーディネーターの大貫です。昨年末は3つの講習会を開催させて頂きまして、ご参加いただいた皆様と主催者の方々には改めて感謝申し上げます。今年もなるべく多くの講習会を開催していきたいと思っておりますので、どうかよろしくお願いいたします!

講師の二人が東京で行われたマイオキネマティックリストレーション講習会とポスチュラルレスピレーション講習会を振り返ってくれているので、ここではラボアシスタントと教育コーディネーターとして参加させてもらった大阪でのポスチュラルレスピレーション講習会を振り返りたいと思います。

初開催となった東京でのポスチュラルレスピレーション講習会からクリスマスを挟んで、大阪で2回目のポスチュラルが行われました。師走の終わりも終わり、28日と29日に行われ、世界中で2016年最後のPRI講習会だったんです。

また、東京での開催後アンケートを講師陣と見直した結果、講義や実技の内容を紹介する順番を変えるなど、東京とは少し変化をつけて講習会を進めていきました。初めてマイオキネマティックリストレーション講習会をした時もそうでしたが、毎回毎回改善を重ねていっていますし、今回も同様に東京よりも少しスムーズに進んだ気がします。皆さんにいつも書いていただいているアンケートですが、講師陣は一つ一つ丁寧に目を通して、改善に役立てているんですよ!

それにラボアシスタントをさせてもらっている中でいつも思うのが、実技の時間の長さです。アメリカの講習会とどうしても比べてしまうのですが、マイオキネマティックリストレーション講習会でもポスチュラルレスピレーション講習会でも実技の時間がとても長いです!簡潔にわかりやすく論理立てて(なるべく脱線せずに、宇宙に飛んでいかなように)講師の二人が説明をして、そのまま実技に入る流れが、日本の講習会は秀逸です。参加者の皆さんの理解力の高さは言うまでもありませんが、主催者の方の円滑な運営や誘導にも助けられております!こうやって書くとアメリカの講習会がイマイチなの?と思わせてしまうかもしれないのですが、そんなことはなくて日本の講習会よりも人数が少ないためか質問がたくさん出てディスカッションがどこでも始まるイメージがあります。

ポスチュラルレスピレーション講習会では何といってもPRIマニュアルテクニックと呼ばれる手技をもって「空気の流れ」をアシストしていくのですが、長めにとれた実技の時間で皆さんマスターすることはできたでしょうか?ラボアシスタントとして実技の時間を中心に皆さんと接する機会がありましたが、皆さんとても積極的に手技に取り組んで頂いていたのが印象的でした。一度でマスターすることはなかなか難しいかとは思いますが、皆さんには是非継続して練習なり実践を繰り返していただきたいと思っております。もし何かわからないことや不明な点等ありましたら、いつでもPRIジャパンの方までご連絡いただければと思います。

最後にこの年末のお忙しい時期にPRI講習会に来てくださった参加者の皆さんとそのご家族、そして素晴らしい施設と環境を提供してくださった主催者の皆さん、本当にありがとうございました!そして念密な準備とハードワークでポスチュラルレスピレーション講習会開催を実現した講師の二人には拍手を送りたいです!

次回のPRI講習会は・・・すいません、まだ決まっておりません!夏ごろに開催できたらと思っておりますので、告知まで今しばらくお待ちくださいね!またこのブログで発表させていただきます!

大貫 崇, MS, ATC, CSCS, PES, PRT
2017年01月11日